メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

高畑充希の魅力存分「同期のサクラ」  とびきりの強さ、目が離せない

 高畑充希という女優は、見る者をしっかりと引き付けて離さない。とびきりの強さがある。テレビ画面に収まりきらないエネルギーがある。放送中の「同期のサクラ」(読売テレビ系)も、高畑の素晴らしさを深く知る遊川和彦の脚本で、一層輝いているように見える。

 ドラマはいきなり意識不明のまま病室に横たわる、主人公・北野サクラ(高畑充希)の「今」を映し出す。大手ゼネコンに、故郷に橋を架けるという夢を抱いて入社した彼女は、かけがえのない仲間たちに恵まれる。物語は、サクラたちが入社した10年前の2009年にさかのぼり、1年1話で紡がれる。毎回、1人ずつ同期をクローズアップし、自らの信念を曲げないサク…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです