メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道 全日本選手権 国友が初優勝

 剣道の第67回全日本選手権が3日、大阪・丸善インテックアリーナ大阪で行われ、国友錬太朗五段(福岡県警)が決勝で松崎賢士郎四段(筑波大3年)を破り、初優勝した。国友は3度目の決勝で初めて頂点に立った。

 21歳の松崎は2014年の竹ノ内佑也五段(当時四段、筑波大3年)以来の学生王者に、あと一歩届かなかった。

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けて日本武道館が改修中のため、1953年の第1回大会以来初めて東…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  4. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです