メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サザエさん

実写版ドラマ、20年後の早川さんは松井玲奈 カツオ失恋? 花沢さん、かおりちゃんの3人組で花嫁一番乗り

スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」に早川さん役で出演する松井玲奈さん(C)フジテレビ

[PR]

 フジテレビ開局60周年記念とアニメ「サザエさん」の放送50周年を記念し、“20年後の磯野家”をオリジナルストーリーで描くスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」で、女優の松井玲奈さんが、20年後の早川さん(31歳)を演じることが11月5日、明らかになった。

 早川さんは、かもめ第三小学校でカツオのクラスメートであり、花沢さんとかおりちゃんとは仲良し3人組。目立つタイプではなく、地味でおとなしい女の子だが、優しい心の持ち主。アニメでは率先して困っている人を助ける姿が描かれている。20年後の早川さんは、カツオや花沢さん、かおりちゃんより一足早く結婚し、専業主婦となっている。3人とはいまだに仲が良く、たまにカツオの洋食店に集まっては親交を深めているというキャラクター。

 企画・プロデュースの渡辺恒也さんは、松井さんにオファーした理由を「早川さんといえば、カツオのクラスメートの中でも一番の文科系女子。アニメ、マンガ、鉄道にとどまらず小説や脚本を執筆するなど、多彩な文化的素養をお持ちの松井さんに重なる部分が多くあると感じました。髪形はショートカットから20年の時を経て変わっていますが、どことなく面長な顔立ちに、早川さんの面影を感じました」とコメントしている。

 ドラマは、いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家も、20年がたち、家族一同が会う機会を持つことも難しくなっていた。すれ違う家族の仲を修復しようと、サザエは町内の盆踊り大会へ久々に家族全員で行こうと計画を立てる。果たして、サザエのおせっかいは家族に届くのか。磯野家は笑顔を取り戻せるのか……という展開。

 天海祐希さんがサザエ、西島秀俊さんがマスオ、濱田岳さんがカツオ、松岡茉優さんがワカメ、成田凌さんがタラオ、市毛良枝さんがフネ、伊武雅刀さんが波平、桜田ひよりさんが“幻の8人目の家族”ヒトデ、小手伸也さんが穴子、八嶋智人さんが波野ノリスケ、堀内敬子さんがタイコ、稲葉友さんがイクラ、浅野和之さんが伊佐坂難物、森矢カンナさんが花沢さん、黒川智花さんがかおりちゃん、中林大樹さんがワカメの恋人であるオリジナルキャラクター・貝塚タケシ、勝俣州和さんがサブちゃんをそれぞれ演じる。11月24日午後8時に放送。

松井玲奈さんのコメント

 ――20年後の早川さん役のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

 “20年後?”と驚きが大きかったですが、面長の顔立ちはどこか似ているところがあるのかなとも思いました

 ――森矢さん、黒川さんとともに20年後の仲良し3人組を演じましたが、撮影はいかがでしたでしょうか?

 かおりちゃんに翻弄(ほんろう)されながらの撮影でした。3人の意外な一面が見られるシーンが出来上がっているのでは、と思います。

 ――見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

 20年後の磯野家周辺がどうなっているのか。私自身も想像しきれていないので、とても楽しみです。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです