メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海外スキー客殺到で2%宿泊税徴収スタート 北海道・倶知安町

多くのリゾートホテルが建ち並ぶ「ひらふ坂」。倶知安では宿泊料金の2%が課税される=倶知安町で2019年10月25日、土谷純一撮影

 海外観光客の人気が高いリゾート地として知られる北海道倶知安町が1日から宿泊税を導入した。宿泊料金の一律2%を利用客から徴収。宿泊税は東京都と大阪府、京都市、金沢市に続き5例目だが、町によると、料金に応じて税率が変動しない「定率」は全国初という。

 倶知安は世界有数のパウダースノーを求めて観光客が増え続けており、2018年度の外国人宿泊者は延べ約46万人。観光客やリゾートホテルの増加に伴い、町内のインフラ整備や人材育成に必要な収入…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  2. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです