メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リアルで巨大「メガたま駅長」が登場 和歌山・貴志川線

披露されたメガサイズの羊毛フェルト人形「メガたま駅長」=和歌山市伊太祈曽で2019年11月3日、山本芳博撮影

 赤字が続く和歌山電鉄貴志川線を盛り上げる「第13回貴志川線祭り」が3日、和歌山市伊太祈曽(いだきそ)の伊太祈曽駅などで開かれた。家族連れなど約3000人が来場、たま駅長の巨大人形が寄贈された。

 同線の存続運動に取り組む沿線住民でつくる「貴志川線の未来をつくる会」が主催した。

 主会場の伊太祁曽神社のステージ上では、同会の木村幹生代表のあいさつに続き、和歌山東南ロータリークラブ(谷口拓会長)が案内看板2枚を寄贈。伊太祈曽駅が国登録有形文化財に…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです