メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

「マニャニータ」(フィリピン) 平均評価★×5.75

「マニャニータ」(フィリピン)

すご腕女性スナイパーが抱える深い闇

 顔半分にケロイド状の傷を持つヒロインは腕利きのスナイパーとして多くの軍功を上げる。が、除隊し、ビールを痛飲する毎日。そんなある夜、一本の電話を受け旅に出る。たどり着いた田舎町で、彼女は男から重いバッグを受けとる。(フィリピン、ポール・ソリアーノ監督、143分)

勝田友巳 ★★★★☆☆☆☆☆☆

 長かった。スナイパーの孤独、復讐(ふくしゅう)と暴力の否定、説明しない“余白”を重視した作りなど、意図するところは分かる。しかし説明をそぎ落とすにしても、もう少し引き付ける工夫があってもいいし、あるいは映像の力が欲しい。これが中短編なら、もっと引き締まったろうに。

 映画の最後、何が起きたのかよく分からなかったが、記者会見で判明。麻薬戦争で容疑者殺害も辞さずのドゥテルテ政権にあって、歌で投降を促す警察署があり、効果を上げているという。この映画もそれを下敷きにしていると…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです