メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京国際映画祭

「湖上のリンゴ」(トルコ) 平均評価★×4.4

「湖上のリンゴ」(トルコ)

 辺境の地。伝統楽器の名人になる夢を持つ少年は、師匠のお供で遠出をする。そして女の子にリンゴの土産を約束するが……。伝統と文化を絶景の中で堪能する現代の寓話(ぐうわ)。チェリッキ監督は「沈黙の夜」で第25回東京国際映画祭最優秀アジア映画賞を受賞。(トルコ、レイス・チェリッキ監督)

 遠くに雪をかぶった山脈を望む凍った湖の上に、ポツンと置かれたかじりかけのリンゴ。通りかかった2人組が、そのリンゴを巡って掛け合いをする。出だしの映像が強烈で、魅力的。なぜそのリンゴがそこにあるのかを語っていくという作り。

 ムスタファは、伝統的な弦楽器を演奏し歌うアシュクという歌手になるための修業中。奏でる音楽がちょっと哀調を帯びていて、また山あいのアナトリアの風景と生活も牧歌的。異国情緒は存分に味わえる。物語は素朴な恋のおとぎ話。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです