メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

旧姓併記でお茶を濁すな=小国綾子

11月5日、記者の旧姓「小國」を併記した住民票を入手してみた=小国綾子撮影(画像の一部を加工しています)

 今日から、住民票やマイナンバーカードに旧姓併記できるようになった、ってご存じですか?

 戸籍謄本を添えて役場に申請すれば、住民票などに戸籍姓だけでなく旧姓も記載してもらえる。選択的夫婦別姓制度について消極的な政府が、“女性活躍”のために掲げた「旧姓の通称としての使用拡大」策の一つで、全国の市町村のシステム改修のために計上された予算は合計194億円!

 では、この「旧姓併記の住民票」で新たに何ができるようになったのか? 総務省のホームページには、<各種の契約や銀行口座の名義に旧姓が使われる場面で、その証明に使えます>とある。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです