メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

旧姓併記でお茶を濁すな=小国綾子

11月5日、記者の旧姓「小國」を併記した住民票を入手してみた=小国綾子撮影(画像の一部を加工しています)

 今日から、住民票やマイナンバーカードに旧姓併記できるようになった、ってご存じですか?

 戸籍謄本を添えて役場に申請すれば、住民票などに戸籍姓だけでなく旧姓も記載してもらえる。選択的夫婦別姓制度について消極的な政府が、“女性活躍”のために掲げた「旧姓の通称としての使用拡大」策の一つで、全国の市町村のシステム改修のために計上された予算は合計194億円!

 では、この「旧姓併記の住民票」で新たに何ができるようになったのか? 総務省のホームページには、<各…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです