メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は劇作家・演出家、平田オリザさん 虚構に拠った帝国の盛衰

劇作家・演出家の平田オリザさん=兵庫県豊岡市で、幾島健太郎撮影

 *10月1日~11月4日

 ■満州国演義 一~九(船戸与一著・2015~16年)新潮文庫・869~1034円

 日本人が「王道楽土」をスローガンに建国した「満州国」の実像を、異なる道に進みながらも時代の波にのみ込まれていく敷島四兄弟を通して描いた長編歴史小説。

 冒険小説、ミステリーの泰斗船戸与一、渾身(こんしん)の一作である。全九巻、原稿用紙にすると七千五百枚を超えるという。

 二○○五年の連載開始から一五年の完結まで、およそ十年。その間、○九年には胸腺がんを発症し余命一年と…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです