メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

福山雅治 思い、ギターに込め 映画「マチネの終わりに」出演

映画「マチネの終わりに」に主演する福山雅治さん=東京都港区で、大西岳彦撮影

 公開中の映画「マチネの終わりに」で、天才クラシックギタリストの蒔野聡史を演じる。来年CDデビュー30周年を迎えるベテランミュージシャンにとって演じやすい役柄だったのでは?と思いきや、「今までで一番あきらめそうになった役」と意外な答え。演じることの苦労や作品への思いを聞いた。

    ■   ■

 2015~16年に作家の平野啓一郎が毎日新聞に連載した同名小説の映画化。世界的なギタリストの蒔野は、パリの通信社に勤務する国際ジャーナリストの小峰洋子(石田ゆり子)と恋に落ちるが、洋子には婚約者がいる。イラク戦争で混沌(こんとん)とする世界が舞台で、洋子の同僚がテロの被害に遭うなど、複雑な現実の中で2人の関係がつづられる。

 1990年代を中心に何度も恋愛ドラマに出演してきた。ただ、今作については「もし恋愛という側面だけに…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです