メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉村氏「頭の整理。公文書じゃない」 と言うけれど…私用メールもプロセス一環

専門家「後世の検証こそ重要」

 大阪府の吉村洋文知事が大阪市長在任中、学力テスト結果を教員評価に反映させる仕組み作りで大森不二雄・市特別顧問(東北大教授)と私用アドレスで交わしたメールが公文書として保管されなかった問題は、情報公開制度を形骸化させる危険をはらむ。吉村氏は毎日新聞の報道後も「顧問とのやりとりは公務にあたらず、保存すべき公文書の対象でもない」と主張。公開されるべきメールの範囲や、メールの公文書性をどう考えるべきか、専門家に尋ねた。【林由紀子】

 「(顧問とのやりとりは)全くのプライベートではないが、公務でもない。頭の整理の段階で、僕が役所に指…

この記事は有料記事です。

残り2167文字(全文2445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 警視が百貨店でカニ缶など万引き 山形県警が窃盗容疑で逮捕

  4. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです