メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虐待された犬や猫、命を考える 日野できょうから写真展 /東京

 日野市の「どうぶつ愛護活動隊kyueen」は5~10日、「『小さな命の写真展』in日野」を同市多摩平2の市立とよだ市民ギャラリーで開く。人に捨てられたり、虐待されたりした犬や猫などの写真約50点を展示し、人と動物の共生を呼びかける。

 代表の東松由香里さん(45)は2017年、インターネットに投稿された猫の虐待動画に衝撃を受け、友人とともに、命の大切さを伝える啓発活動をしている。

 写真展は、児童文学作家の今西乃子(のりこ)さんの著書に掲載された写真など約50点を公益財団法人「日…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです