台風被災、伊豆高原へ 移転、入館無料で再出発 森のぞうがん美術館 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
移転オープンした「森のぞうがん美術館」で愛犬肖像画の作品を見る横田館長夫妻=静岡県伊東市八幡野で
移転オープンした「森のぞうがん美術館」で愛犬肖像画の作品を見る横田館長夫妻=静岡県伊東市八幡野で

 9月の台風15号で被災して立ち入り禁止になった伊東市川奈、小室山山頂展望台2階の「森のぞうがん美術館」が、同市八幡野の伊豆急伊豆高原駅近くに移転し、1日にオープンした。館長で象嵌(ぞうがん)作家の横田克彦さん(76)は「多くの人が自由に入れるように」と、小室山で有料だった入館を無料にした。

 象嵌は、多種多様な木をカッターで切り、一片一片をはめ込んだ絵画。同館は妻東(と)史子(しこ)さん(72)も所属作家で、誘客のためのテナントと…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集