メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

グローバル化時代の世界 広がった「社会の分断」=「レギュラシオン理論」の仏経済学者 ロベール・ボワイエ氏

 米中貿易戦争は出口が見えず、英国の欧州連合(EU)離脱で欧州も揺れる。仮想通貨(暗号資産)が国家主権を脅かす中、情報技術(IT)を巡る大国の覇権争いは激しさを増す。グローバル化時代に世界はどこに向かうのか。経済学の新潮流「レギュラシオン理論」=1=の旗手、仏経済学者のロベール・ボワイエ氏に聞いた。【聞き手・福島良典、写真・根岸基弘】

――米中貿易戦争などで、第二次世界大戦後のリベラルな国際秩序が危機に直面しているのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2849文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです