メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RCEP署名、来年目標 インド慎重姿勢崩さず 首脳会議

 日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の首脳会議が4日、バンコク近郊で開かれた。関税撤廃を巡りインドが慎重な姿勢を示したため、目標だった年内の交渉妥結は断念。首脳会議後に公表した共同声明は、2020年の署名を目指す方針を示した。

 声明は、インドを除く15カ国が「全20章の条文ベースの交渉及び基本的にすべての市場アクセス上の課題への取り組みを終了した」と明記。各国は来年の署名に向けて法的な手続きを開始する。一方、インドについて「未解決のまま残されている重要な課…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです