メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! 突っ張り 阿炎、長い手足で主導権

宝富士(左)を攻める阿炎=滝川大貴撮影

 突っ張りは、手を前に押し出すようにしながら、左右を交互に出して相手を後退させる。突っ張りの稽古(けいこ)は「テッポウ」と呼ばれ、各部屋では「テッポウ柱」という大きな木の円柱に向けて、力士が腰を落として脇を締め、足を運びながら腕を下から上へ、左右交互に動かし、「パチッ、パチッ」と音を響かせながら汗を流す姿が見られる。

 稽古場では地道な基礎運動だが、取組では回転の速さや繰り出す腕の豪快さなど、力士の個性が出て観衆を盛…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです