メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 「壊し屋」玉鷲、快記録=武藤久

秋場所6日目の玉鷲(右)。大関・栃ノ心を押し出した=藤井達也撮影

 初土俵以来の通算連続出場で玉鷲が9月の秋場所6日目に歴代10位に名を連ねた。さほど話題にならなかったが、千秋楽で1211回としたこの記録の価値はかなり高い。

 現役で続くのが元幕内で三段目の芳東で1155。歴代では青葉城の1630回、富士桜の1543回が1、2位。数字的には別格に見えるが、2人とも昭和時代。10傑にいる力士は昭和に活躍した力士が多い。

 力士の体重は東京場所前に計測するが、秋場所前の幕内の平均体重は162・6キロ。人気の炎鵬ら小兵が幕…

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

  5. 反社会勢力「定義で固めるとかえって複雑」 桜を見る会 菅氏会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです