連載

にほんでいきる

労働力不足から外国人受け入れを広げる日本。ですが、その子どもたちの権利は十分に守られていません。解決の糸口は。

連載一覧

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 指導、教師の情熱頼み 支援学級に対応丸投げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
フィリピン人の男児の教科書に振り仮名をつける特別支援学級の女性教諭。外国籍の子どもの指導は教諭によって差が出る=関東地方の小学校で、鈴木敦子撮影
フィリピン人の男児の教科書に振り仮名をつける特別支援学級の女性教諭。外国籍の子どもの指導は教諭によって差が出る=関東地方の小学校で、鈴木敦子撮影

 知的障害がないことが推察されながら、特別支援学級に通う外国籍の子どもに対し、学校はどう向き合っているのか。現場を取材すると、教師の個人的なスキルや情熱に支えられがちな現状が浮かぶ。

 関東地方のある小学校に一昨年、フィリピン人の男児が転入してきた。当時10歳で5年生だったが日本語が満足に理解できず、特別支援学級に籍を置くことになった。担任の女性教諭(53)は、すぐに知的障害がないことに気付いた。教科書をゆっくり読めば内容を理解できる。抽象的な宮沢賢治の寓話(ぐうわ)も、登場人物の気持ちを「たのしい」「こわい」などと的確に表現した。

 男児がつまずいていたのは漢字だった。テストの解答は平仮名。教諭は教科書やプリントの全ての漢字に振り仮名をつけ、授業でも言葉の意味をやさしく丁寧に説明するよう心掛けた。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1229文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集