富士フイルムHD、米ゼロックス買収を断念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見に臨む富士フイルムの古森重隆会長=東京都千代田区で2019年11月5日、宮武祐希撮影
記者会見に臨む富士フイルムの古森重隆会長=東京都千代田区で2019年11月5日、宮武祐希撮影

 富士フイルムホールディングス(HD)は5日、事務機器大手の米ゼロックスの買収を断念すると発表した。買収で子会社の富士ゼロックスを米ゼロックスと経営統合させる計画だったが、米ゼロックス側が一方的に契約を破棄するなど交渉が難航していた。米ゼロックスからは富士ゼロックス株を全て買い取り、完全子会社化する。

 富士ゼロックスは1962年、富士写真フイルム(現富士フイルムHD)と英ランク・ゼロックス(現米ゼロックス)の合弁会社として設立。現在は株式の75%を富士フイルム、25%を米ゼロックスがそれぞれ保有しているが、富士フイルムがこの25%を取得し完全子会社化する。取得額は23億ドル(約2530億円)。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集