実現すれば世界人口の半分、巨大経済圏「RCEP」 中国のやる気とインドの及び腰の事情

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
RCEP首脳会議に出席するインドのモディ首相(奥)と、中国の李克強首相=タイで4日、ロイター
RCEP首脳会議に出席するインドのモディ首相(奥)と、中国の李克強首相=タイで4日、ロイター

 日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は、15カ国の交渉がほぼ終わったものの、インドが最後まで関税撤廃などで慎重姿勢を崩さず、4日の首脳会議で年内妥結を見送った。会議後に公表した共同声明は引き続き来年中の署名を目指す方針を示したが、インドはRCEPからの離脱を示唆するなど溝は深い。早期の合意は見通すことができず、巨大な自由貿易圏構築を目指す16カ国の枠組み維持が危うくなっている。

この記事は有料記事です。

残り2240文字(全文2463文字)

あわせて読みたい

注目の特集