メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

差別解消や多様性アピール 九州レインボープライド1000人がパレード

 性的少数者(LGBTなど)の権利やあらゆる差別の解消を訴える「九州レインボープライド」が4日、福岡市博多区の冷泉公園であった。今年で5回目で、過去最多の約1000人がパレードに参加。多様性を象徴する虹色の旗や布を身につけた当事者や支援者らは、約3キロの道のりを1時間かけて練り歩いた。

 参加者は「法律上も家族に!」「一人じゃないと思える社会に」などのカードを持ち、沿道の人たちとハイタッチを交わすなどしていた。バイセクシュアル(両性愛者)の女性(21)は、戸籍上は女性だが、男女どちら…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです