メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ノドグロ」を地域名産に 新潟県立海洋高 アカムツの人工授精・ふ化に成功 高校では全国初

海洋高校で飼育されている人工ふ化したノドグロの稚魚=新潟県糸魚川市で、浅見茂晴撮影

 ノドグロの名で知られ、白身のトロとも呼ばれる高級魚アカムツの人工授精と人工ふ化飼育に、新潟県立海洋高校(糸魚川市)と近畿大学(東大阪市)が成功した。新潟市水族館「マリンピア日本海」などのグループが2013年に世界で初めて成功し今回は2例目。高校では全国初という。【浅見茂晴】

 適切な採卵、飼育のノウハウも実験で調べ、10%の生存率を達成。育てた稚魚を海に還す「種苗放流」にめどがついた。同高は「3年以内に1000匹単位の放流をしたい」と話し、地域のブランド化を目指す。

 今年9月、同高の生徒と教諭、同大実験場の職員が、糸魚川市の能生沖で捕獲したアカムツから150万粒以上を採卵した。船上で人工授精させ、同高と同実験場の2カ所に分けて飼育。45日齢まで育てるのに成功し、稚魚は体長8~9ミリに成長した。同高では50匹、同大は200匹を飼育している。

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです