メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ追悼式、4日もファンら冥福祈る 「聖地」からメッセージも

追悼を終え、沈痛な面持ちで会場を後にする参列者たち=京都市左京区の「みやこめっせ」で2019年11月4日午前10時12分、鈴木健太郎撮影

 7月に発生した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、一般向けの追悼の式が4日も同市左京区の「みやこめっせ」(市勧業館)で実施された。この日も前日に続いてファンや関係者らがたくさん訪れ、犠牲者の冥福を祈るなどした。

 同社制作のアニメ「たまこまーけっと」の舞台のモデルとなった出町桝形商店街(同市上京区)からは、桝形事業協同組合の井上淳・前理事長らが“聖地巡礼”したファンのメッセージノートを携えて参列した。2013年1月のテレビ放映開始直後から同商店街には多くのファンが訪れ、交流のため…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです