メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転バス実験開始 全国初、5カ月間の長期実証実験 千葉

自動運転時、運転手はハンドルに手を軽く触れるだけ=千葉県柏市で、橋本利昭撮影

 東大や千葉県柏市などでつくる「柏ITS推進協議会」(会長・須田義大・東大生産技術研究所教授)は1日、公道を使った自動運転バスの営業運行の実証実験を始めた。5カ月間の長期にわたる実証実験は全国初という。運行時の課題を洗い出し、将来的に運転手がいない無人バスの運行を見据えており、「運転手不足の解決策にもつながる」と期待されている。【橋本利昭】

 「自動運転は高齢ドライバー問題や(バスの)ドライバー不足など社会的課題解消のツールとして、社会から認識されている。技術開発、乗客の安全性など幅広い視点からの検討が必要だ」。須田会長は柏市柏の葉5の東大柏キャンパスであった出発式で、実証実験の意義を強調した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 自民・杉田議員、なぜ問題発言連発 識者「安倍政権の空気反映」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです