特集

第70期王将戦

第70期王将戦の特集ページです。3冠を誇る渡辺明王将に、タフな戦いを得意とする永瀬拓矢王座がどこまで迫るか。

特集一覧

第69期王将戦リーグ特選譜

豊島名人が思い切りのいい指し回しで2敗を守る 三浦九段は3敗目

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
王将戦リーグでの対局を終え、感想戦で振り返る豊島将之名人(右)と三浦弘行九段=東京都渋谷区の将棋会館で2019年11月4日午後5時53分、丸山進撮影
王将戦リーグでの対局を終え、感想戦で振り返る豊島将之名人(右)と三浦弘行九段=東京都渋谷区の将棋会館で2019年11月4日午後5時53分、丸山進撮影

 広瀬章人竜王対久保利明九段戦と同日の対局。こちらは大広間「高雄」での対局で、王位戦予選の中村太地七段対阿部光瑠六段戦が一番離れた「雲鶴」で行われている。将棋プレミアムをご覧になっていた方は、駒音や秒読みの声が大きく響くように思えたかもしれないが、実際対局室にいるとそうは気にならない。最近のマイクが高性能のため、どんな小さい音でも拾ってしまう傾向があり、人間の耳に聞こえるより放送では響いて聞こえる。また、音の原因が分かっていれば対局者は驚くことがない。連日午後5時に聞こえる「夕焼け小焼け」の曲は、逆に聞こえないと「何かあったのでは」と思ってしまうかもしれない。

 本局の終了時は、「雲鶴」の対局で一方の対局者が秒読みに追われる状況で、気づいた三浦は途中から声を潜めて感想を述べていた。終局が分かると、少し大きな声になったが、離れた対局とはいえ気になったのだろう。【山村英樹】=▲が先手、△は後手

この記事は有料記事です。

残り2206文字(全文2605文字)

【第70期王将戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集