メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第69期王将戦リーグ特選譜

広瀬竜王が4勝1敗、暫定首位 久保と三浦は挑戦の可能性消える

王将戦リーグの対局を終え、感想戦で振り返る広瀬章人竜王(手前左)と久保利明九段(同右)=東京都渋谷区の将棋会館で2019年11月4日午後6時48分、丸山進撮影

 将棋界では、以前に比べて休日の対局が多くなった。B級1組以下の順位戦は基本的に曜日が決まっていて、休日となった場合は1日ずれるのが普通だが、棋戦、棋士が多くなり、イベントも増え、土日休日の対局が棋士にとり特別なことではなくなった。ネットなどを通じての観戦者が多いことも要因になっている。

 11月4日、文化の日の振り替え休日。東京はさわやかな秋晴れに恵まれた。特別対局室に本局、広瀬章人竜王対久保利明九段、大広間の「高雄」に豊島将之名人対三浦弘行九段。竜王戦七番勝負を戦っている広瀬と豊島は、ともに王将戦リーグ5局目にあたる。【山村英樹】=▲が先手、△は後手

<第69期大阪王将杯王将戦リーグ5回戦>

この記事は有料記事です。

残り2574文字(全文2873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです