メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

即位パレード沿道ほぼ全域に観覧用ブース 40カ所で手荷物検査

 天皇陛下の即位に伴って10日に東京都心で行われるパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」について、警視庁は5日、当日は沿道の29地点40カ所に手荷物検査所を設けると発表した。皇居周辺では警備が強化され、大規模な交通規制も敷かれるため、余裕を持って出かけるよう呼びかけた。

 パレードで車列が通るのは皇居から赤坂御所(東京都港区)までの約4・6キロで、天皇、皇后両陛下は午後3時ごろにオープンカーで皇居を出発される。

 警視庁は沿道のほぼ全域に鉄柵などで囲われた観覧用ブースを設置する。ブースの入り口に検査所を設置し、パレードを見に来た人のかばんなど手荷物を確認するほかボディーチェックを実施する。事前の場所取りなどはできず、沿道から外れると再び検査を受ける必要がある。混雑すると検査所を閉鎖するため、沿道に立ち入ることができなくなるという。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです