メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「去年、今年と大きな災害 追い風だ」長崎県幹部が発言し撤回 長崎・石木ダム建設巡り

石木ダムを巡る「災害は追い風」との発言を撤回する河川課の浦瀬俊郎課長=長崎県庁で2019年11月5日午後3時41分、浅野翔太郎撮影

 長崎県は5日、同県川棚町に建設を計画する石木ダムを巡り、事業を主管する県河川課の浦瀬俊郎課長が、建設推進派の県議らとの意見交換会で「去年、今年と大きな災害が起きている。追い風だ」などと発言したと明らかにした。事業に反対して立ち退きを拒否する住民らは反発を強めており、同日記者会見した浦瀬課長は「災害に遭われた方に申し訳ない。不適切だった」と述べ、発言を撤回した。

 県などによると、発言は10月30日、町内で開かれた非公開の意見交換会であった。ダムの必要性に関する治水面でのやりとりの中で、近年全国で多発する豪雨や台風の被害について「追い風だと思っている。この機会を生かさなければならない」と述べたとしている。浦瀬課長は会見で「防災意識が高まる中で、多くの県民に関心を持ってもらえるのではないかという趣旨だった」と釈明した。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです