メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デンマーク映画「わたしの叔父さん」が最高賞 東京国際映画祭

「東京グランプリ」を受賞し、記念撮影する「わたしの叔父さん」のフラレ・ピーダセン監督(左から2人目)と主演のイェデ・スナゴーさん(中央)ら。左端は小池百合子都知事=東京都千代田区で2019年11月5日、滝川大貴撮影

 第32回東京国際映画祭の授賞式が5日、東京・有楽町で開かれ、コンペティション部門の最高賞「東京グランプリ」に、牛舎を営む叔父とめいの生活を描いたデンマーク映画「わたしの叔父さん」(フラレ・ピーダセン監督)が選ばれた。ピーダセン監督は「この作品は少人数のスタッフとキャストで作った映画。光栄です。今、心臓がバクバクしてい…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです