障害者や高齢者への心遣い学ぶ「ユニバーサルマナー検定」講座 12月5日開催

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
12月5日の講座で講師を務める金子聡さん=ミライロ提供
12月5日の講座で講師を務める金子聡さん=ミライロ提供

 障害者や高齢者らへの心遣いを学ぶ「ユニバーサルマナー検定」の3級講座が12月5日午後7時から、東京都千代田区一ツ橋1のパレスサイドビル「毎日ホール」で開かれる。日本ユニバーサルマナー協会が主催する。高齢者・障害者らへの基本的な向き合い方を学び、「困っていたり、不便を感じていたりする人に、声をかけられるようになる」ことを目指す。

 検定には2級と3級がある。ホテル業界、保険会社などの企業や自治体の研修に導入されているほか、大学での集団受講も増えている。これまでに約7万人が資格を取得した。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集