メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『流行歌の情景』『クモのイト』

読み手の中に立ちあらわれる記憶や想像や手ざわりを楽しむ

◆『流行歌の情景 歌詞が紡ぎだすもの』久米勲・著(田畑書店/1000円)税別

◆『クモのイト』中田兼介・著(ミシマ社/1800円)税別

 タイトルに惹(ひ)かれて書店で手に取ってから、著者がなつかしい知人であることに気づき、そのなつかしい人物像とタイトルの意外な組み合わせに、あらためてそそられた。

 著者である久米勲さんとはかつて、私の編集者としての最終期の頃に仕事を共にしたことがあった。久米さんが河出書房の編集者から独立した直後だったか編集者時代のギリギリの時だったかは空(うろ)覚えだ。だが、その共にした仕事はくっきりと記憶に灼(や)きついていて、それは私が所属していた文芸誌『海』で井原西鶴『好色一代男』の現代語訳を連載するにあたって、吉行淳之介さんが現代語訳の雛(ひな)型づくりの役を依頼…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです