メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田口淳之介 判決から2週間で音楽活動を再開「僕の新たな一歩を刻む楽曲」(スポニチ)

[PR]

 大麻取締法違反(所持)罪で10月21日に懲役6月、執行猶予2年の有罪判決を受けた元「KAT—TUN」で歌手の田口淳之介(33)が4日、音楽活動の再開を公式サイトで発表した。判決から2週間でスピード復帰した形だ。

     自社レーベルから新曲「Voices」を7日に配信リリース。メッセージ性の強いダンスナンバーといい「困難な状況でも立ち向かう自身の姿を投影する一曲」としている。田口は「僕の新たな一歩を刻む楽曲」とコメント。毎年恒例のファンミーティングを12月3日に東京都内で開催することも発表した。関係者は田口の今後について「中国資本が活動をサポートするようだ」と明かした。イベント直前の今月29日に誕生日を控えるため「祝福のためファンが多く集まる青写真を描いているのではないか」と指摘した。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

    5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです