メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

なぜ今、渋沢栄一か 行き詰まる利益至上主義/「論語と算盤」に海外も注目

渋沢栄一=渋沢栄一記念館所蔵

 先の見えない不安な世の中で、熱い視線を集める人がいる。「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一(1840~1931年)だ。一般的な知名度は高くないが、2024年度発行の新1万円札の肖像に選ばれ、再来年のNHK大河ドラマで取り上げられるなど、にわかに脚光を浴びている。その思想は海外でも注目されているという。今、渋沢が求められるのはなぜか。【宇田川恵】

 「本当の経済活動は、社会のためになる道徳に基づかないと決して長く続かない」――。渋沢の生前の講演内…

この記事は有料記事です。

残り2539文字(全文2764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです