メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

「身の丈」で知らされたこと=与良正男

衆院文部科学委員会の冒頭、大学入学共通テストで導入される英語民間試験に関する自身の発言について陳謝する萩生田光一文部科学相=国会内で2019年10月30日午前9時、川田雅浩撮影

 萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言がもたらした一種の効果ではあるだろう。来年度から始まる大学入学共通テストで予定されていた英語民間検定試験の導入が先週、土壇場で延期となった。

 延期、いや白紙化は当然だ。

 「裕福な家庭の子が回数を受けウオーミングアップできる」と大臣自ら認める試験を国がごり押しするのは根本的に間違っている。

 しかしここで認識すべきは延期は決して受験生のためではなく、政権を守るためだったことだ。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです