メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

時雨に寄せて=片山由美子

うつくしきあぎととあへり能登時雨 飴山實

しぐるるや駅に西口東口 安住敦

 今年の秋は、台風の豪雨を中心とする被害が各地に広がった。氾濫した河川の復旧工事がはかどっていない地域もあり、平穏な日常生活を奪われてしまった方々のことを思うと心が痛む。

 秋晴といえる日が少なかった十月が過ぎ、早くも十一月。陰暦十月にあたる十一月は、時雨月ともいう。初冬の、雨が降りやすい頃なのである。

 漢語の「時雨(じう)」は、ちょうどよいときに降る雨という意味だが、やまと詞(ことば)の「しぐれ」の…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです