メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

災害報道技術のさらなる強化を フジテレビ回線管制部主任 秋信真太郎さん

 台風や地震などの災害時、テレビで目にする中継映像の多くは、現場の中継車から衛星を経由して放送局に伝送されてくる。この仕組みは「サテライト・ニュース・ギャザリング」(SNG)と呼ばれ、「放送衛星を使ったニュース素材の収集システム」などと訳される。現代のテレビ報道には不可欠な存在だ。

 フジテレビは昨年、新しいSNGシステム「F・SAT」の運用をスタートし、その開発リーダーを務めた。「2011年の東日本大震災の経験を生かし、より災害に強く、使い勝手のいいSNGシステムを作りました」と語る。

 F・SATには三つの特長がある。まず、映像の伝送効率を従来の3倍まで高めたことだ。「震災時は衛星経…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです