メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

スポーツ、社会の扉開く パラ発祥、英ストーク・マンデビルの精神

障害があってもなくても

 パラリンピックの東京開催が決まって以降、日本の大会関係者が障害者スポーツの普及のノウハウを学ぼうと相次いで視察に訪れる町がイギリスにある。「パラリンピック発祥の地」で今も英国を代表するパラスポーツの発信地、ストーク・マンデビル。パラリンピック取材を担当する私も先進地の取り組みを知りたいと9月にこの町を訪ねた。【五十嵐朋子】

 ロンドン中心部から電車で約1時間、ストーク・マンデビルは英南部バッキンガムシャー州にある人口460…

この記事は有料記事です。

残り1297文字(全文1521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです