メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 前々回のテーマ「巡」の文字をながめていて、なぜか子どものころの記憶にある巡洋艦という軍艦を思い出しました。「巡」は「めぐる」という意味ですから、巡洋は大きな海を巡るという意味です。戦艦より小さいけれど、速かったのです。

 日本の自衛隊は建前上、軍艦を全て「自衛艦」というそうです。今は「巡洋艦」という言葉は使わないみたいですね。

 こんなふうに、昔は使われていたのに、使われなくなった言葉はたくさんあります。特に日本は長く平和が続いているので、軍事用語は死語になったものが多いですね。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです