メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しらかば帳

被災者の心の傷 /長野

 13日朝、台風19号による千曲川の堤防決壊で浸水被害を受けていた長野市穂保に向かっていたところ、福島県南相馬市に住む知人から安否を確認する電話がかかってきた。

 私が無事だったことを確認すると、知人も避難所に身を寄せていると話した。東日本大震災の教訓を生かして早めに避難したという。「家の前の畑が浸水して、あの時を思い出した…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです