メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

落語家・桂佐ん吉さん(35) 笑いも恐怖も思い切り

独演会で「怪談市川堤」を演じる桂佐ん吉さん=大阪市北区で、山田夢留撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 カルチャー>

東京は落語ブーム。僕らも遅れてる場合じゃない。東京の噺家に対抗していかなあかんという気持ちは強いです。

 上方落語の若手実力派、桂佐ん吉さん(35)が30日、朝日生命ホールで独演会を開く。自身最大規模となる公演に向け準備したのは、落語には珍しい仕掛けが施された怪談噺(ばなし)。「笑わすのも怖がらすのも大好き」と、自分なりの趣向に思いを巡らしている。【山田夢留】

 演じるのは「怪談市川堤」。自分の都合でためらいなく人を殺す男、次郎吉は、悪事を重ねた果てに改心し大…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです