メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

自由への反動/上(その1) 旧東独、反移民に共感 再び分断の兆し

エアフルト

 「ドイツ人の72%が、イスラムや難民についてあえて公の場で(批判的な意見を)発言しなくなった。(言論の自由が抑圧された)東独と同じ状況だ」。かつて東ドイツだった独東部テューリンゲン州エアフルトの住宅街。反難民・移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の選挙集会で、強硬派の幹部、ビヨルン・ヘッケ氏(47)がそう訴えると、大きな歓声が湧いた。

 演説に耳を傾けていた会社員、ジルケ・レッツェさん(50)は2016年、メルケル首相の中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)からAfD支持に転じた。「メルケル氏は難民を歓迎したが、国民にはまったく配慮してくれなかった」。自国民より難民が「優遇」される現状への反発からだった。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです