メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

自由への反動/上(その1) 旧東独、反移民に共感 再び分断の兆し

エアフルト

 「ドイツ人の72%が、イスラムや難民についてあえて公の場で(批判的な意見を)発言しなくなった。(言論の自由が抑圧された)東独と同じ状況だ」。かつて東ドイツだった独東部テューリンゲン州エアフルトの住宅街。反難民・移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の選挙集会で、強硬派の幹部、ビヨルン・ヘッケ氏(47)がそう訴えると、大きな歓声が湧いた。

 演説に耳を傾けていた会社員、ジルケ・レッツェさん(50)は2016年、メルケル首相の中道右派・キリ…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1179文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです