メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

大統領への「科学的知見」=古賀攻

 <sui-setsu>

 ウクライナ疑惑や米中覇権争いの行方は未確定だが、世界は来年の今ごろ確実に岐路を迎える。トランプ米大統領の再選か否かだ。

 日本の外交政策を決める立場の政府当局者から「今これを読んでいる。大いに考えさせられる」と紹介された本がある。「ドナルド・トランプの危険な兆候―精神科医たちは敢えて告発する」(原題THE DANGEROUS CASE OF DONALD TRUMP)だ。

 2017年4月に米国の有力な精神科医、臨床心理士らが集まってトランプ氏の精神状態を討議した会議での…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです