メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

人々の気持ち モスクワ支局・大前仁

ロシア外務省近くに立てられたプリマコフ氏の銅像=モスクワで2019年10月31日、大前仁撮影

 10月末、モスクワのロシア外務省の近くに一体の銅像が完成した。1990年代に外相や首相を務め、2015年に亡くなったプリマコフ氏の生誕90年記念として建てられた。落成式にはプーチン大統領も姿を見せた。両氏は2000年に大統領の座を争ったが、プリマコフ氏が身を引き、プーチン氏に道が開けた。以来、最高権力者の座に居続ける。「恩」を忘れないプーチン氏が、銅像の建設を後押ししたとみる人もいる。

 式典の2日後、花束が手向けられた銅像の前で、90歳の女性リーヤさんに会った。最長老や先覚者を意味す…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです