メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

岡山・県庁前 笑顔なき、緊張の1キロ

岡山県庁前を走る神達靖久さん=1964年9月23日(神達さん提供)

 「若人の名誉にかけて聖火リレーを完遂することを誓います」。1964年9月23日、岡山市の岡山県庁前。出発式で、走者を代表して宣誓した神達(かんだつ)靖久さん(73)は、今もその言葉を暗記している。空襲で焼失した岡山城の天守閣は聖火リレーの2年後に再建され、隣にあった市公会堂は67年に取り壊されたが、県庁の庁舎はほぼ当時のままだ。こ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです