メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2閣僚辞任で首相「責任を痛感している」 衆院予算委

衆院予算委員会の集中審議で2人の閣僚の相次ぐ辞任について答弁のため挙手する安倍晋三首相(右)=国会内で2019年11月6日午後1時6分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会の集中審議で、「政治とカネ」を巡る問題で、菅原一秀前経済産業相と河井克行前法相が辞任したことについて「わずか1カ月の間に相次いで辞任する事態になったことは国民に大変申し訳なく、任命した者として責任を痛感している」と陳謝した。自民党の坂本哲志氏の質問への答弁。

 首相は2人の辞任後、速やかに後任を任命…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです