メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験 文科省の有識者会議議事録公開へ 衆院予算委

衆院予算委員会の集中審議で大学入学共通テストへの導入延期を決めた英語民間試験についての質問を聞く安倍晋三首相(右端)と萩生田光一文部科学相(左端)=国会内で2019年11月6日午後3時15分、川田雅浩撮影

 2020年度に始まる大学入学共通テストの英語民間試験導入が延期されたことを巡って、萩生田光一文部科学相は6日の衆院予算委員会の集中審議で、非公開だった民間試験導入に関する文科省の会議の議事録を公開する考えを表明した。導入を決めた詳細が明らかになる可能性がある。萩生田氏は議事録について「非公開を前提に作成したが検証に必要な情報だ。公開に向けて検討、調整を行っている」と述べた。

 議事録を公開するのは、16年4月に文科省内に設置された有識者らによる「検討・準備グループ」の会議。立憲民主党の大串博志氏は予算委で、17年5月までに計9回の会合が開かれたことに触れ「第9回まで議事録も公開されておらず、ブラックボックスだ。この不可思議な進め方は何なのか」と不透明な検討過程を批判した。萩生田氏は「これからきちんと検証する」と述べ、議事録を公開したうえで改めて経緯を説明する考えを示し…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです