メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベジタリアン議連発足 東京五輪・パラに向け公的支援のあり方など検討

6日にあった「ベジタリアン/ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟」の設立総会=国会内で

 東京五輪・パラリンピックに向け、肉や魚を食べない「ベジタリアン」や、さらに卵や乳製品なども食べない「ビーガン」と呼ばれる菜食主義の訪日外国人が安心して観光できるよう環境整備を進めるため、有志の与野党議員が「ベジタリアン/ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟」(ベジ議連)を6日、発足させた。菜食主義向け料理の認証マークの導入や菜食メニューに向けた公的支援のあり方など対応策を検討する。

 訪日外国人の増加に伴って菜食主義者の訪日客も増加し、ベジ議連によると、ベジタリアンやビーガンの訪日客はムスリム訪日客よりも多いという統計もある。しかし、日本では豚肉や酒の飲食が禁止されたイスラム教徒が口にしても問題がないハラル食と比べ、「ベジ対応の店やメニューが圧倒的に少ない」「どこに行けばベジ料理を食べられるのかわからない」など、ベジタリアンやビーガンへの対応が諸外国と比べても遅れているとの指…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです