「任命責任を痛感」しても「責任を果たす」首相を追及する「教育国会」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
英語民間試験の導入を巡る経緯と歴代文部科学相
英語民間試験の導入を巡る経緯と歴代文部科学相

 6日の衆院予算委員会での野党の質問は、大学入試に英語民間試験を導入する方針を決めた過程の不透明さと、1週間で2人の閣僚が辞任した事態に関する安倍晋三首相の任命責任の追及に集中した。立憲民主党の安住淳国対委員長は6日の党会合で「ここに来て(今国会は)教育国会の様相を呈してきた」と発言。森友・加計学園問題に続く政権追及の材料として活用する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2509文字)

あわせて読みたい

注目の特集