米国産トウモロコシ、日本企業買い手なし 「緊急購入」実現せず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トランプ米大統領が「日本が米国産のトウモロコシを購入する」と述べてから2カ月以上たった。だが、国の購入支援策の申請はゼロにとどまる。輸入穀物を扱う日本企業は「米国産は用途が違い購入予定はない」と話しており、購入話は宙に浮いている状況だ。

 トランプ氏は8月25日、仏ビアリッツでの日米首脳会談後の記者発表で「米国の至るところでトウモロコシが余っている。日本はそのトウモロコシの全てを購入する」と発言。同席した安倍晋三首相は「害虫対策の観点から(日本企業が)購入を必要としている。緊急に購入しなければならないと民間が判断している」と述べ、援護射撃した。

 日本では、牛の飼料用トウモロコシに寄生するガの幼虫による被害が7月以降、九州地方を中心に確認された。農林水産省は8月8日、国内の民間企業が飼料原料を海外から前倒しで購入する際の保管料や購入資金の金利を優遇する制度の導入を決めた。

 首脳会談当時、官房副長官だった西村康稔経済再生担当相は会談後の記者会見で、「害虫により供給不安が生じる懸念がある」と指摘。「(企業が)3カ月分購入する。トウモロコシの9割は米国産なので、米国のトウモロコシの購入につながる」と説明した。

 ところがトランプ氏の発言から2カ月以上たった11月5日現在…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文1045文字)

あわせて読みたい

注目の特集