メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山県も「氷河期世代」採用枠 21年春・36~45歳対象、5人程度

和歌山県庁=和歌山市小松原通で2019年3月8日、黒川晋史撮影

 和歌山県は2021年4月に採用する正規職員(一般行政職)について、バブル崩壊後の「就職氷河期世代」にあたる30代半ば~40代半ばの人材を採用する特別枠を設けることを決めた。5人程度を採用する予定で、来年度の試験実施に向けて、県人事委員会と協議をしながら準備を進める。

 36~45歳(2021年4月1日時点)が対象で、直近の1年間に正規雇用で働かず、かつ正規雇用で就労した期間が通算3年以下であることを受験条件として想定。大学卒業程度の教養試験と、論文・面接試験が課される見…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  2. 登下校中のマスク、文科省「暑い日はむしろ危険」 児童間距離確保に「傘」利用も

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転…「第2波」への懸念強まる

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです